【ワシントン共同】バイデン米政権は22日、キューバで今月起きた抗議デモを弾圧したとして、同国のミエラ国防相と内務省の特殊部隊に対し、米国内に保有する資産凍結などの経済制裁を科すと発表した。バイデン政権下でキューバに対する制裁発動は初めて。

 バイデン大統領は22日の声明で「これは始まりにすぎない。キューバ国民を抑圧する者に制裁を科し続ける」と述べ、さらなる措置を取る可能性を示唆した。

 バイデン氏は制裁のほかに、民間企業と協力し、キューバ当局の検閲を受けないインターネットサービスを同国国民に提供する方法などを検討していると説明した。