【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日比25・35ドル高の3万4823・35ドルで取引を終えた。来週に決算発表を予定するIT大手のマイクロソフトやアップルが好業績への期待から買われ相場を押し上げた。

 米国の雇用の先行指標とされる新規失業保険申請件数が市場予想より多かったことから、朝方はリスク回避の売りが先行した。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数も続伸し、52・65ポイント高の1万4684・60。

 他の銘柄ではスポーツ用品のナイキや通信機器のシスコシステムズが上昇した。保険のトラベラーズは下げが目立った。