【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は22日、域内の成人人口の半数以上が既に新型コロナのワクチン接種を完了したと発表した。接種が順調に進んでいることを示す「良いニュース」だとしている。一方、世界に均等に普及させるため、既に表明している分を含め、年末までに低・中所得国に計2億回分を供与する方針を明らかにした。

 EUによると、域内では成人人口の54・7%が接種を完了。少なくとも1回の接種を受けたのは68・4%に上る。EUは当初、米国や英国と比べ後れを取っていたが、EU欧州委員会報道官は22日「(EUは)今や最も接種が進んだ地域の一つだ」と自信を示した。