サッカー男子の南アフリカ代表チームで3人が新型コロナウイルス検査で陽性となり、18人が濃厚接触者と判定されて開催の可否が協議された22日の日本戦が、予定通り行われた。試合は日本が久保建英(レアル・マドリード)のゴールで1―0で勝った。

 今大会は濃厚接触者でも試合開始前6時間以内の検査で陰性なら出場が可能となる方針が示された。毎日のPCR検査での陰性などを条件に練習も認められ、南ア代表は日本戦に向けて調整していた。

 国際サッカー連盟(FIFA)は試合実施のためには少なくとも13人が必要としている。