テコンドー女子67キロ超級でオランダ代表のレシュミ・オーヒンクが新型コロナウイルス検査で陽性となり、東京五輪を棄権すると22日、ロイター通信が報じた。

 リオデジャネイロ五輪に続く出場を逃して「言葉がない。私のキャリアの終わり」との声明を出した。