【ロサンゼルス共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(27)が初出場した今年のオールスター戦モデルのサイン入りユニホームが21日、メジャー公式の慈善オンラインオークションで約13万ドル(約1400万円)で落札された。他選手の同様のユニホームは数千ドル程度で取引されており、桁違いの値段となった。

 ユニホームはア・リーグの紺色のデザインで、背番号17の上にサイン入り。着用されておらず、オールスター戦のあった13日から競売にかけられた。球宴のプレーボール直後に相手の先発投手シャーザー(ナショナルズ)が投げ、大谷がファウルした球は約2万3千ドルで購入された。