23日の東京五輪開会式(国立競技場)に参加する大会関係者について、現時点で950人程度となる見通しを大会組織委員会が21日、明らかにした。当初1万人程度が見込まれていたが、無観客での実施となったことで、国際オリンピック委員会(IOC)と協議して厳選した。「出席状況について最終確認中で、さらに少なくなる可能性がある」としている。

 このうち国内の関係者は150人程度。五輪・パラリンピック両大会の名誉総裁を務める天皇陛下が出席されるほか、菅義偉首相ら政府・国会関係者、東京都の小池百合子知事、組織委の橋本聖子会長、国内競技団体やスポンサーの代表者が出席する予定。