五輪競泳日本代表の主力選手が21日、オンラインで取材に応じ、男子200m自由形で金メダル獲得が期待される松元克央は「どんなに速くても五輪の舞台で勝たないと意味がない。勝ちにこだわっていきたい」と、同種目の日本勢初の頂点へ強い決意をにじませた。

 調整は順調といい「やるべきことはやってきた。緊張感をプラスにしていきたい」と普段通りの落ち着いた表情。指導する鈴木陽二コーチは「ラストスパートの勝負になる」と話した。

 男子200m平泳ぎで優勝候補の一角に挙げられる佐藤翔馬は「とにかく自分のことに集中したい。ぶっ倒れてもいいという気持ちでやりたい」と力を込めた。