東京地方最低賃金審議会は21日、2021年度の東京都の最低賃金を現行の時給1013円から28円引き上げ、時給1041円とするよう東京労働局長に答申した。異議申し立て期間を経て、10月1日から発効する見通し。中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関)は16日、各都道府県で一律28円増とする目安を答申しており、その通りとなった。引き上げ目安28円は過去最大。

 厚労省によると、47都道府県の地方審議会で本年度の答申が出たのは初めて。この日の東京地方審は賛成多数で答申内容を決めた。経営者委員はコロナ禍で飲食などが苦境にあると猛反発し、退席などして賛成しなかった。