【ニューデリー共同】米研究機関の世界開発センターは20日、インドでの新型コロナウイルス感染による死者数が6月までの累計で、政府発表約40万人の10倍の約400万人に上るとする推計を発表した。インドを除く世界全体のコロナ死者数を超える規模になる。

 感染力の強いデルタ株が急拡大、死者も大幅に増えて行政が実態を把握しきれない状況になっていた。

 世界で猛威を振るっているデルタ株は今春、インドで広がった。病床が大幅に不足し、医療機関による診療が満足に受けられず、死因が特定されないまま死亡した人が相次いだ。