2019年4月、千葉県八街市の住宅に押し入り、住人夫婦にけがをさせたとして、強盗致傷などの罪に問われたアルバイト千丸剛被告(22)の控訴審判決で、東京高裁は20日、懲役5年とした一審千葉地裁の裁判員裁判判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。被告は花咲徳栄高(埼玉)が17年夏の甲子園で優勝した際の主将。

 控訴審で弁護側は「懲役5年は重すぎて不当だ」と主張したが、平木正洋裁判長は一審同様に「反省が十分に深まっているとは言い難く、執行猶予を付けるべきではない」と退けた。被告が関与を否定したナンバープレート2枚を盗んだ窃盗罪についても、一審に続き認定した。