航空自衛隊は20日、東京五輪開会式当日に東京都心を飛ぶ予定のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が21日に予行のためのフライトをすると公式ツイッターで明らかにした。五輪関係者によると、本番と同様に都心を周回し、国立競技場上空でカラースモークを使ってオリンピックシンボルの五輪を描く予定という。

 空自によると、ブルーインパルスは拠点を置く宮城県の松島基地から埼玉県の入間基地に移動している。予行では入間を離陸した後、都内に入り、東京タワーや東京スカイツリー付近を飛行する。21日の天候次第では、22日に延期する可能性もある。