茨城県鹿嶋市立小が、東京五輪のサッカー会場、カシマスタジアム(同市)で観戦する際に、ペットボトル飲料の持ち込みは「できるだけ、コカ・コーラ社製のもので」と記載した文書を保護者に配布していたことが20日、市教育委員会への取材で分かった。

 市教委は大会組織委員会側の要請を各校に伝える際に誤解が生じたと釈明。ラベルを剥がせばメーカーは問わないとしている。

 市教委によると、9日の小中学校への説明会で、組織委側からコカ・コーラ社製の飲料以外は原則不可とし、他社製品はラベルを剥がすよう要請された。