【北京共同】中国国有の鉄道車両大手、中国中車集団は20日、設計速度が時速600キロに達するリニアモーターカーを発表した。中国の独自技術で開発したとしている。実際に600キロで試験走行する時期は不明だ。

 5両編成で1両につき100人超が乗れる。最長で10両編成を想定している。これまでも車両を公開したことがあるが、今回は制御関連システムを含めて完成したと強調している。

 中国は高速鉄道網が急速に拡大し、一部は時速350キロで営業運転している。上海ではドイツの技術を導入した時速430キロのリニアも2002年末に開通した。