北海道は20日、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、国にまん延防止等重点措置の適用を要請することを決めた。道関係者によると政府は慎重な姿勢で、適用されるかどうかは不透明という。道独自の札幌市内の飲食店に対する時短営業要請は8月22日まで延長する。

 札幌市ではデルタ株(インドで確認された変異株)の感染疑い事例が相次いでいるほか、感染経路不明の割合が増加。市内の感染者は20日時点で7日連続で50人を超え、今後さらに感染拡大が懸念される。