日本相撲協会は20日、十両貴源治関(24)=常盤山部屋=の大麻使用が判明したと発表した。既に警察へ通報した。捜査関係者によると、警視庁が19日に任意で本人から事情聴取。大麻の入手先や使用のいきさつなどを捜査している。貴源治関は事情聴取後に帰宅を許され、謹慎中という。

 17日に協会に情報が入り、調査に着手。18日の大相撲名古屋場所千秋楽の取組後、本人と師匠の常盤山親方(元小結隆三杉)から事情を聴いた。貴源治関は痛み止めなどに大麻成分が入っていたと主張し、使用を否定したが、19日の尿検査で陽性。結果を受け、名古屋場所中に大麻たばこ1本を吸ったと認めた。