東京五輪で金メダル獲得を目指すソフトボールの日本代表が20日、開幕戦の舞台となる福島市の福島県営あづま球場で公式練習を行い、練習の冒頭を報道陣に公開した。全競技に先駆けて21日午前9時に始まる開幕戦でオーストラリアと対戦する。

 東京五輪は東日本大震災からの「復興五輪」を大会理念に掲げており、福島で21、22日に計6試合を行う。当初は観客を入れて開催する方針だったが、新型コロナウイルスの感染状況の悪化などを受けて無観客開催となった。

 ソフトボールは米国、メキシコ、カナダ、イタリアを含めて6チームが出場。24日からは横浜市の横浜スタジアムに舞台を移す。