台風6号は20日、日本の南海上を西寄りに進んだ。発達しながら23日にかけて強い勢力で沖縄に接近する見通し。速度が遅く、暴風や豪雨が長時間続く恐れがあるため、気象庁は土砂災害や浸水、河川の増水に厳重な警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、沖縄県の大東島地方では非常に強い風が吹き、海は大しけとなっている。22日にかけて沖縄地方でも風速30メートル以上の猛烈な風、奄美で風速20メートル以上の非常に強い風が吹いて天気が荒れそうだ。

 台風6号は20日正午現在、南大東島の南南西約160キロの海上を時速約15キロで西北西へ進んだ。