オリックスが3連勝。一回に杉本のリーグ最多に並ぶ18号2ランで先制し、三回にT―岡田の適時打などで2点、七回に1点を加えた。山本は7回2失点でリーグトップタイの8勝目。西武は佐々木の一回無死での危険球退場が響いた。