作家の落合恵子さん、社会学者の上野千鶴子さんら13人の文化人が呼び掛け人となり、東京五輪の中止を求める署名活動を2日までに、インターネットのサイト「Change.org」で始めた。

 宛先は国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長や菅義偉首相、小池百合子東京都知事ら。呼び掛け人は他に、思想家の内田樹さんやノンフィクション作家の沢地久枝さん、ジャーナリストの春名幹男さんらが名前を連ねた。

 要望書は「日本政府と五輪主催者が『安心安全』のスローガンをどのように実現するのか、説明がされていない」などと指摘。「歴史的暴挙」として、東京五輪の中止を求めている。