三菱UFJ銀行は2日、他行宛ての振込手数料を10月1日から値下げすると発表した。振込金額が3万円未満の場合は66円、3万円以上では110円引き下げる。振込先銀行に支払う送金料が安くなることを受けた措置で、メガバンクで初の料金公表となる。

 現金自動預払機(ATM)でキャッシュカードを使って3万円未満の金額を他行に振り込む場合、現行で275円の手数料が209円になる。窓口やインターネットでの取引も振込金額に応じて一律に値下げする。

 銀行間の送金を担う全国銀行資金決済ネットワークは3月、銀行間でやりとりする送金料を10月から引き下げると発表した。