【香港共同】香港中心部の繁華街コーズウェイベイ(銅鑼湾)で1日夜、中国への香港返還24年の記念日に合わせた抗議デモを警戒していた警察官(28)が男に背後からナイフで刺され重傷を負った。男はその後、自らの胸を刺し死亡した。香港当局が発表した。香港メディアによると、犯行動機を記した男の遺書には、警察や香港国家安全維持法(国安法)による自由の抑圧への不満が記されていた。

 1日は中国共産党創建100年の記念日で、香港警察は1万人規模の警察官を動員し警戒に当たっていた。

 発表によると、男は50歳で、銅鑼湾の百貨店「SOGO」の前で警察官の左肩付近をナイフで刺した。