日本プロ選手権第2日(2日・栃木県日光CC=7236ヤード、パー71)2季連続賞金王の今平周吾が11位から6バーディー、1ボギーの66で回り通算8アンダー、134とし、68だったツアー未勝利の芦沢宗臣とともに首位に立った。

 石川遼、片山晋呉、山本豪、65と伸ばした谷原秀人が1打差3位。さらに1打差で木下裕太ら7人が並んだ。

 通算イーブンパーまでの67人が決勝ラウンド進出。東京五輪代表の星野陸也は1オーバー、2大会連続優勝していた木下稜介は9オーバーで姿を消した。(出場143選手、曇り、気温19・5度、南東の風0・5メートル、観衆1456人)