慶応大の三田キャンパス(東京都港区)で、慶応義塾ゆかりの歴史資料を集めた「福沢諭吉記念慶応義塾史展示館」が5日にオープンする。美術コレクションを展示する「慶応義塾ミュージアム・コモンズ」も4月に開館しており、同大は二つを「慶応の伝統と進化を象徴する展示施設」としている。

 展示館は、キャンパスのシンボルである赤れんが造りの旧図書館の2階に設けた。常時100点以上を展示。福沢の生涯や教育理念、影響を受けた人々を紹介し、近代化の歩みに位置付けて解説する。

 ミュージアムは、新築の東別館を使用。デジタル技術を応用した文化財の鑑賞や研究もできるスタジオなどを設けた。