【イスラマバード共同】米メディアは2日、アフガニスタン駐留米軍が、首都カブール北方の最大拠点バグラム空軍基地からの撤退を既に完了し、数日以内にアフガンからの撤退作業が終わる見通しだと伝えた。2001年の米中枢同時テロ後、「対テロ戦争」の拠点として役割を果たした基地は、アフガン政府側に引き渡された。

 バイデン米大統領は4月、同時テロ20年となる9月11日までの完全撤退を表明したが、大幅に早まる見通し。ただ国防総省は、撤退完了後も一部は米大使館警備のためカブールに残るとしており、早期撤退を求める反政府武装勢力タリバンが反発するのは必至だ。