梶山弘志経済産業相は2日の閣議後記者会見で、三菱電機による鉄道車両向け機器の検査不正について、同社に対し「組織的な関与を含め、事実関係の究明や顧客対応、問題の経緯や原因の徹底究明、再発防止を指示した」と述べた。

 三菱電機は2日午後4時から東京都内の本社で記者会見を開くと明らかにした。不正について会見するのは初めて。杉山武史社長が出席し、謝罪するとみられる。

 三菱電機の長崎製作所(長崎県時津町)が、鉄道車両向けの空調機器や、ドア開閉やブレーキに使う空気圧縮機の検査で不正をしていた。不正は少なくとも1985年ごろから35年以上にわたった疑いがある。