日本パラリンピック委員会(JPC)が8月24日開幕の東京パラリンピックで、日本選手団主将に車いすテニスの第一人者、国枝慎吾(37)=ユニクロ=を起用する方針を固めたことが2日、関係者の話で分かった。

 国枝は2008年北京大会、12年ロンドン大会の男子シングルスで金メダルを獲得。プロ選手としてもパラスポーツ界をけん引している。18年10月のジャカルタ・アジアパラ大会を制し、全競技の先陣を切って東京パラの出場権を獲得した。世界ランキング1位で、集大成となる東京で2大会ぶりの金メダル獲得が期待されている。