環境中に放出されたプラスチックごみを誤って摂取している野生生物が、世界で少なくとも約1500種に上るとする研究結果を、ブラジルなどのチームが2日付米科学誌サイエンス電子版に発表した。汚染が目立つ海の生き物だけでなく、河川などの淡水域や陸域の多くの種でも確認される深刻な状況という。

 チームは、毎年数百万トンのプラスチックが環境中に蓄積していると指摘し「生産と使用を減らし、廃棄物管理と回収への投資が必要だ」と訴えた。

 1980年~今年5月に報告された摂取例を集約した。魚類は932種、鳥類は291種で確認され、哺乳類でも94種。計1565種で摂取が判明した。