東京五輪開会式の楽曲制作の担当ミュージシャン小山田圭吾さんが過去の雑誌インタビューでいじめを告白していた問題を巡り、知的障害者の親らでつくる「全国手をつなぐ育成会連合会」は19日までに、「(インタビュー記事の内容は)いじめというよりは虐待、あるいは暴行と呼ぶべき所業。許されるものではない」と抗議する声明文を公表した。

 声明文は「なぜ、小山田氏が自身を『いかなる差別も禁じる』としている五輪憲章を掲げるオリンピック、障害者アスリートの祭典であるパラリンピックの楽曲提供を担当するにふさわしいと考えたのか理解に苦しむ」と指摘した。