東京五輪サッカー男子で22日に1次リーグA組初戦の南アフリカ戦を控える日本代表は19日、千葉県内で練習を再開し、久保建(レアル・マドリード)や遠藤航(シュツットガルト)らが攻守のグループに分かれて連係を確認した。

 17日のスペインとの強化試合でかかとを痛めた堂安(PSVアイントホーフェン)はゆっくりとしたランニングにとどめ、右太ももの張りを訴えている三笘(川崎)はボールを使った軽めのメニューに取り組んだ。