東京五輪の聖火リレーは19日、都内11日目を迎え、都東部の下町エリアに入った。新型コロナウイルスの影響で公道走行は取りやめ、荒川区の南千住野球場で点火セレモニーを開催。同区や江戸川区、両国国技館がある墨田区、寅さん映画の舞台になった葛飾区を走る予定だったランナー87人が参加した。

 1960年ローマ五輪で銅メダルに輝き、女子競泳で2人目の日本人メダリストとなった竹宇治聡子さん(79)は、自らもローマ大会前に病気をした経験から「(東京五輪に出場する)池江璃花子さんの復活には驚いた。何もかも振り捨てて頑張って」と江戸川区出身のホープにエールを送った。