日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)の定例会合が19日、東京都内で開かれ、大関照ノ富士(29)=本名ガントルガ・ガンエルデネ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=を全会一致で横綱へ推薦し、第73代横綱への昇進が確定した。会合には矢野弘典委員長ら7人の委員全員が出席した。

 協会は21日午前に大相撲秋場所(9月12日初日・両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、昇進を正式決定する。

 照ノ富士は18日千秋楽の名古屋場所で3場所連続優勝を逃したものの、14勝1敗の好成績を残した。新横綱誕生は2017年初場所後の稀勢の里以来4年半ぶりで、令和では初となる。