千葉県八街市で下校中の小学生5人が大型トラックにはねられ死傷した事故で、千葉地検は19日、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪で、運転手で同市の会社員梅沢洋容疑者(60)を起訴した。梅沢被告の事故後の呼気からは基準値を超えるアルコールが検出されており、地検は、被告が飲酒の影響で正常な運転に支障が生じていた疑いがあると判断した。

 起訴状によると、梅沢被告は、千葉市花見川区内で停車中に飲酒し、その後運転を再開。6月28日午後3時25分ごろ、八街市内を時速約56キロで走行中、アルコールの影響で居眠り状態となり、電柱に衝突した後、児童らをはねたとしている。