加藤勝信官房長官は19日の記者会見で、東京五輪開会式で楽曲制作を担当するミュージシャン小山田圭吾さんが過去の雑誌インタビューでいじめを告白していたことを巡り「大会組織委員会が適切に対応することが重要だ」と重ねて指摘した。

 組織委側から対応に関する報告があったかどうか問われ「少なくとも私のところまで上がっていない」と説明。「組織委において必要な検討がされていると承知している」と語った。