東京五輪で金メダルを狙う野球日本代表は19日、仙台市の楽天生命パーク宮城で強化合宿がスタートし、「侍ジャパン」として集まった代表24選手が午後の強い日差しが照りつける中、約3時間、体を動かした。稲葉監督は「気持ちも高ぶってきたし、いよいよだなという感じ」と気合に満ちた表情で話した。

 室内練習場で投手と内野手がサインプレーの確認を行い、打撃練習では鈴木誠(広島)らが快音を連発。全体練習後には、村上(ヤクルト)らがティー打撃で振り込んだ。

 24日に楽天、25日に巨人と強化試合を戦い、28日に福島市の福島県営あづま球場で行われるドミニカ共和国との開幕戦に臨む。