千葉県の犬吠埼沖で2008年、漁船が沈没し17人が犠牲になった事故を巡り、調査報道を手掛ける合同会社「フロントラインプレス」(東京)は19日、運輸安全委員会の事故調査報告書の根拠となる資料を開示するよう求め、東京地裁に提訴した。

 訴状によると、08年6月に福島県いわき市の巻き網漁船第58寿和丸が沈没し、乗組員4人が死亡、13人が行方不明(後に死亡認定)となった。運輸安全委は11年4月、生存者の聞き取り調査などに基づき、高波による転覆が原因とする報告書を公表した。

 運輸安全委は「訴状が届いていないので答えられない」としている。