ポーランドの東京五輪競泳代表だった6選手が出場資格を満たしていなかったため、日本到着後まもなく帰国したと18日、米国の水泳専門サイトが報じた。いずれもリレー要員だった。

 ポーランド水泳連盟側の出場枠の確認ミスが原因とみられる。20人を超えるポーランドの競泳選手が同連盟会長へ理事の総辞職を求める文書を送ったという。(共同)