【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポストは18日、イスラエル企業がテロリストや犯罪者追跡用に開発し各国政府に提供するスパイウエアにより、記者や人権活動家らのスマートフォン37台がハッキングを仕掛けられていたと報じた。サウジアラビア当局に殺害された記者ジャマル・カショギ氏の妻ら2人が含まれているという。

 ほかのスマホ所有者の詳細や、ハッキングを仕掛けたのが誰かなどは不明。このスパイウエアの対象にされた可能性のある約5万件以上の電話番号リストを国際人権団体アムネスティ・インターナショナルなどが入手、一部のスマホデータを解析し判明したという。