日産自動車元会長カルロス・ゴーン被告(67)のレバノン逃亡を支援したとして、犯人隠避罪に問われた米国籍の親子の判決で、東京地裁は19日、米陸軍特殊部隊グリーンベレーの元隊員マイケル・テイラー被告(60)に懲役2年(求刑懲役2年10月)、息子のピーター・テイラー被告(28)に懲役1年8月(同2年6月)を言い渡した。

 楡井英夫裁判長は判決理由で、逃亡により、ゴーン元会長の公判実施の見込みは全く立たなくなったとして「刑事司法を大きく侵害した。結果の重大性や犯行の悪質性に照らすと、実刑は免れない」と述べた。動機は主に報酬目的だったと認定した。