加藤勝信官房長官は19日の記者会見で、東京五輪開会式で楽曲制作を担当するミュージシャン小山田圭吾さんが過去の雑誌インタビューでいじめを告白していたことに関し「発言の詳細は承知していないが、障害の有無にかかわらず、いじめや虐待はあってはならない行為であり、全く許されない」と述べた。

 五輪の楽曲担当にふさわしいか問われると「東京五輪・パラリンピック組織委員会が適切に対応していただきたい」と指摘した。パラリンピック開催にも触れ「共生社会の実現に向けた心のバリアフリーの精神をしっかり伝えたい」と語った。