東京五輪に参加する南アフリカのサッカー男子代表チームの3人が東京・晴海の選手村滞在中に新型コロナウイルス検査で陽性となった問題で、東京五輪・パラリンピック組織委員会は19日、21人の濃厚接触者が確認されたと発表した。南アは22日の1次リーグ初戦で日本と対戦する予定。組織委によると、全員が南アの代表チームメンバーで、選手とそれ以外の人の割合は不明だが、試合や大会運営への影響が懸念されそうだ。

 組織委の高谷正哲スポークスパーソンは19日の記者会見で、21人の濃厚接触者は大半が選手だと明らかにした。競技6時間前に陰性が確認できれば参加可能との認識も示した。