【ソウル共同】韓国大統領府の朴洙賢・国民疎通首席秘書官は19日、文在寅大統領が23日の東京五輪開会式に合わせて訪日するかどうかについて、新型コロナウイルスによる入国時の随行者の隔離期間を踏まえ早期に判断する考えを示した。文氏が出席して19日午後に開かれる大統領府の定例会合で最終決定する可能性もある。相馬弘尚・駐韓総括公使の不適切発言に対する批判的な世論の動向を見極める。

 韓国政府は文氏の訪日の前提条件として、両国の懸案解消に向けた首脳会談の開催を求めている。会談を通じ、日本による輸出規制強化措置の撤回などの成果を得たい考えだ。