台風6号は19日、日本の南の太平洋上を北西に進んだ。今後、発達しながら西寄りに進路を変え、23日ごろにかけて沖縄に接近する見込み。気象庁は沖縄に暴風や高波、奄美には高波に警戒を呼び掛けた。南西諸島を中心に警報級の大雨になる恐れもあり、土砂災害や河川の増水などにも注意や警戒を求めた。

 気象庁によると、20日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄と奄美で23メートル(35メートル)。21日は沖縄で25~29メートル(35~45メートル)、奄美で20~24メートル(25~35メートル)。