【ロンドン共同】石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」は18日の閣僚級会合で、2022年4月までとする原油協調減産の枠組みを22年末まで延長することで合意した。新型コロナウイルスの中でも感染力の強い「デルタ株」が流行するなど先行きは不透明で、OPECプラスは減産延長が必要と判断した。

 今年8月以降、毎月日量40万バレルずつ生産量を回復することも決定。22年5月以降、協調減産の基準として各国に割り当てた生産量を合計で同約160万バレル引き上げることでも一致した。