共同通信社が17、18両日に実施した全国電話世論調査によると、菅内閣の支持率は35・9%で6月の前回調査から8・1ポイント急落し、昨年9月の内閣発足以降最低となった。不支持率は49・8%で菅内閣として最も高く、支持率を13・9ポイント上回って逆転した。東京五輪・パラリンピックにより新型コロナウイルス感染が拡大する不安を聞いたところ、「ある程度」を含め「不安を感じている」との回答が計87・0%に上った。

 新型コロナワクチン接種に関する政府対応に「不満を感じている」は58・5%だった。

 回答は固定電話538人、携帯電話527人。