東京五輪に出場するバスケットボール男子日本代表の強化試合は18日、さいたま市のサイデン化学アリーナで行われ、世界ランキング42位の日本が同7位のフランスを81―75で破った。

 日本は序盤から八村(ウィザーズ)らの得点で主導権を握り、米プロNBAで最優秀守備選手に輝いたゴベール(ジャズ)らを擁するフランスに対して前半を46―30で終えた。後半は渡辺雄(ラプターズ)らを中心に得点。第4クオーター終盤に一時追いつかれたが、馬場(ユナイテッド)らの得点で競り勝った。

 五輪で1次リーグC組に入る日本は、26日に世界ランキング2位のスペインとの初戦に臨む。