スケートボードの国内統括団体、ワールドスケートジャパンは18日、東京五輪に出場するストリート代表6選手が新潟県村上市で行っている合宿の様子を報道陣に動画で公開し、男子で金メダル候補の堀米雄斗(XFLAG)は「いい滑りをしてスケボーの楽しさを知ってほしい」と抱負を語った。

 普段は選手それぞれが好みの服装で滑るが、五輪に合わせて代表ユニホームを着用。リラックスした様子で滑り、手すりなどを使った技を試した。女子で金メダルの期待がかかる西村碧莉(木下グループ)は「全力で楽しみ、自分のベストの走りをし、いい結果がついてくれば」と話した。