ボクシングの東京五輪日本代表が18日、オンラインで決意表明し、男子ウエルター級の岡沢セオン(INSPA)は「自分にとってもアマチュアボクシングにとっても最高の舞台になる。このチャンスを生かせるように全力で闘う」と語った。

 日本女子初の五輪ボクサーとなる2選手はともにメダルが期待される。フライ級の並木月海(自衛隊)は「一戦一戦を大切にして、何より五輪を楽しみたい」と話し、フェザー級の入江聖奈(日体大)は「リングに立てることに感謝して、やるからには金メダルだけを目指す」と意気込んだ。