18日に発生した台風6号は、日本の南の海上を北西に進んだ。今後、勢力を強めながら19~23日ごろにかけて沖縄に接近する恐れがあり、気象庁は暴風や高波に警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、台風6号は18日午後9時現在、南大東島の南南東約270キロをゆっくりした速さで北西に移動。中心気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。中心の南側650キロ以内と北側280キロ以内では風速15メートル以上の強風域となっている。

 沖縄で予想される19日の最大風速(最大瞬間風速)は23メートル(35メートル)。