日英両政府は、英国がインド太平洋地域に派遣した空母打撃群について、9月に日本へ寄港させる方向で調整に入った。寄港地を国内4地域に分け、中核となる空母「クイーン・エリザベス」は米海軍横須賀基地(神奈川県)に入る見通し。20日に東京で開催予定の岸信夫防衛相とウォレス英国防相の会談で確認する。日本政府関係者が18日、明らかにした。

 5月に英国を出航した空母打撃群は駆逐艦やフリゲート艦など編成が大規模で、米国とオランダの艦艇も同行する。このため海上自衛隊の横須賀基地、舞鶴基地(京都府)、呉基地(広島県)、米海軍佐世保基地(長崎県)への分散寄港を検討している。